ログイン パスワード   新規登録  

メインメニュー
サイト内検索

船頭山ナビ


「船頭山ナビ」は、トトハウス的思考法の構築と日々の由無し事について、ときに深く、ときに浅く掘り下げたもので、PDFで配信しています。船頭山ナビを読むためにはADOBE READERが必要です。アドビ社のサイトからダウンロードしてください。



第90号2012/08/19

ONE PIECE


 1000ピースのシグソーパズルも、500ピースを組み上げたところあたりで完成図がなくとも全体像がおぼろに見えてくる。700ピース組みあげれば、もう、残った部分の絵柄も想像できるようになる。ここまでくれば、後はテンポよく一気に完成させるだけだ。
 麦わらの一味の「ONE PIECE」も、700ピースあたりに差し掛かったところだろうか。最終盤に、世界がぶっ壊れるようなものすごいことが起こりそうだと分かってきた。... PDFで読む


第89号2012/06/03

デリバレーション・ナイン(deliberation 9)


 スタンフォード大のJ.フィッシュキン教授が開発したDeliberative Polling(DP)というものがある。「討議型世論調査」などと訳される。結構大人数(300〜400 人)の参加者を集める必要があるのでちゃんと実施するのは大変だ。... PDFで読む


第88号2012/05/22

もし「平成狸合戦ぽんぽこ」の狸がドラッカーのマネジメントを読んだら


 ジブリの作品はどれも好き。「風の谷のナウシカ」がやっぱり一番の傑作だと思うが、一番好きなのは「平成狸合戦ぽんぽこ」。明るくちょっと御下品で、真に結構な仕上がり。無邪気に「狸のキンタマは八畳敷き」とか「たんたんタヌキのキンタマはー風に揺られてブーラブラ♪」とか狸に言わせているのが実にいい。久々にDVDを観て感動した。シブリ、ナイス!
 このアニメは、落語好きにはまたたまらない。語りは古今亭志ん朝。鶴亀和尚狸の声は... PDFで読む


第87号2012/02/18

ひとつぶで3度おいしいおもてなし


 指宿ロイヤルホテルの有村佳子さんが、かつて、「ホテルのサービスは、茶道でいうと裏千家か表千家か?」と私になぞなぞを出した。適当に「裏」と言ったら正解だった。答は、「“おもてなし”だから“裏”」というダジャレだった。お茶もお花もやったことはないが、こうした“道”には、人に接する心構えの基本が凝縮されていて... PDFで読む


第86号2012/01/16

マイナス金利で景気回復!?


 住まいのある熊本県西原村の集落(全14戸)で水道組合の会計をしている。平成23年の決算をしたところ、各戸が払った水道料を細々と貯めてできた預金が130万円程になった。集落だけの井戸を掘り水中ポンプで揚水し配水しているが、これだけ預金があれば、ポンプが老朽化しても交換できるだろう。ところで、この金額に対して得た年間の利子は200円程。利率は約0.002%。ゼロ金利政策が続いていることを実感する。景気が悪い時には... PDFで読む


第85号2011/12/25

年末の窓拭きをしながら


 自宅の外壁(杉板の下見張り)の塗装がはげてきたので、塗り直すことにした。といっても
一部3階建の家のこと、自分ではできないので塗装業者に頼み、足場を組んでやってもらっている。今のうちにと足場に上り、普段は手が届かない高いところの窓ガラスを外から拭いた。仕上げの空拭きを入念にして、ピカピカに仕上げた。窓拭きのついでに風呂掃除もした。床のタイルも壁もよく見ると... PDFで読む


号外2011/10/17

ゆるっとバス・カルデラ号で行く秋の南阿蘇を満喫!モニターツアー募集


 今年から南阿蘇村を走っているゆるっとバス「カルデラ号」で村内をめぐるモニターツアーを3コースで実施します。この機会にぜひ、秋の南阿蘇村へお越しください。
詳しくはPDFのチラシをどうぞ!  PDFで読む


第84号2011/10/14

ばあさんの気持ち


 「ソイレント・グリーン」という映画がある。観たことはないが、アメリカのSF小説を映画化したものらしい。もう数年前の話だが、熊本の巣鴨=子飼商店街で知り合ったおばあさんが、「あたしゃもういつ死んでんよか。早よう迎えに来てほしかぁ。いっそソイレント・グリー
ンにでも行こうかしら」と言うので、「サイレントじゃないんですか」と聞き返したら、「いーや、ソイレント、映画の題たい」と言われ、この映画の存在を知った。ネットで調べたら、ソイレントとはSOY(大豆)とLENTIL(レンズ豆)の合成語。・・・豆は人類の主食の1つだ。映画の中では、ソイレント・グリーンは... PDFで読む


第83号2011/8/20

古くて新しい「ARTでまちおこし」


 お盆の帰省客もそろそろ都会に戻ろうかという8月18日。夏休みの思い出にと南阿蘇鉄道のトコッロ列車に乗って高森町を訪れた観光客。駅前から続く商店街は、夏祭りの屋台が並び賑わっていた。と、夏の午後のこと、にわかに空を雨雲が覆い、阿蘇外輪山の向こうから雷様のゴロゴロという音。陶器の屋台をひやかしていたおばちゃんもあわてて駆け出す。ゴロゴロが近づき、やがてカリカリ、ピシッと... PDFで読む

第82号2011/8/15

「自助メーター」と「租庸調」


 あるまちの「まちづくり推進条例」づくりのワークショップ(WS)を手伝っている。そのWSの市民メンバーの中に大変熱心な方がおられ、自治だとか協働について一生懸命考え、それをワープロし、メールで送ってくれる。その内容が、かなり面白いので紹介したい。

 まずは、下図のようなもの。私はこれを「自助メーター」と名付けた。日本人が生きていくうえで(住民が地域づくりに取り組むうえで)、「自助」「互助」「公助」「?」の4つの役割が時代によって異なることを示している。氏のオリジナルは未完成で、「?」の部分は埋めきれていない。そこで、... PDFで読む


第81号2011/8/8

「水戸黄門」が終わる


 人生楽ありゃ苦もあるさ〜 くじけりゃ誰かが先に行く。
 後から来たのに追い越され 泣くのがいやならさあ歩け。

 パナソニックドラマシアター「水戸黄門」の主題歌。「ああ人生に涙あり」が、この歌の正式タイトルとのこと、知らなかった。黄門様が始まったのは40年も前のことで、まだ松下幸之助さんもお元気だった。確かに当時は、... PDFで読む


友達に伝える
前のページ
第91号〜第100号
コンテンツのトップ 次のページ
第71号〜第80号
船頭山ナビ・・・発行中!
有限会社トトハウス Thothhouse Inc. All Rights Reserved.